目立つ色ののぼり旗でお客さんを呼び込もう

目立つ色ののぼり旗でお客さんを呼び込もう!

街中を歩いていて自分自身の行動を振り返ると、ぱっと目につく看板の
文字を何気なく目で追っていることに気が付きます。

インパクトのある字体や、かわいらしいイラストや目立つ色の
看板には自然と視線が留ります。

特にどこに行こうと考えていない場合には、歩いているうちに
気になるお店を探して入店という流れになるわけなので、
特にインパクトがある看板や目立つ色のお店などは興味が
魅かれるポイントが高いと言えるでしょう。

従って、お店には何かしら他のお店とはちがう色合いや、
インパクトのあるものを置いておくことが必須です。

特に、お店にお客さんを呼び込むためののぼり旗はきちんと新しいもの、
色合いがはっきりしていて目立つものを利用するべきです。

何が特徴なのか、こだわりがどういったものなのか、
はっきりと第一印象でインパクトを与える事が重要です。

そのため、日が当たって色がさめてしまったのぼり旗を
ずっと使用するのは避けるべきだと言えるでしょう。

のぼり旗を見てお客さんが興味を持つという事を考えると、
常にきれいで、お店の顔としての位置づけをしておくことが必要です。

目立つ色については、旗を置く場所によって色合いを考えることも
重要なポイントになります。

お店の周辺の色合いや環境によって選ぶ色は考慮する必要があります。

明度や、彩度といった色の細やかな違いについても、
旗を置く場所によってかなり印象に変化がありますので、
さまざまな要件に照らし合わせて選択するように心がけましょう。

 

ほつれの原因・設置位置には注意

のぼり旗は一度設置すると、昼夜を問わずそのままの状態の
ものをよく見かけます。

防災や交通安全など注意を呼び掛けるのぼりは決められた期間中
設置されたままですが、これらは素材も丈夫なものを使用していて
設置もしっかりと行われているため、劣化することはあっても
急激に破損することはほぼありません。

店舗の前や駐車場などに設置されているのぼりは、たいていが
通販で購入された激安のものが多く、管理を怠るとせっかく購入
したのぼりを駄目にしてしまいます。

設置位置をよく考えないと駐車場などでは、車両が接触したり
倒されたりする可能性があります。

設置方法もしっかりとした土台やアンカーに取り付ける必要があります。

のぼりは強風にあおられることで、それが理由で生地がほつれたり
裂けたりします。

のぼり旗は激安のものは特に設置や回収をこまめに繰り返し、
天候の悪い日は設置しないことが大切です。

天候のよい日でものぼりの材質によっては、色落ちや生地が劣化して
割れやひびが入ることもあります。

保管する際もたたみ方や保管場所にも気をつけ、湿気や直射日光を
避けるように心がけます。のぼり旗は設置位置によっては大変危険な
場合があり、交通の妨げとなる理由につながります。

道路沿いの設置で過度に傾けたり道路に近づけすぎると、車両などと
接触してのぼりやポールが破損し、最悪の場合事故につながる可能性もあります。

周囲の安全を確認し、天候にも配慮した設置方法を考えることで、
激安なのぼり旗でも長持ちさせることは可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)