オーダーメイドなら専門店を

ホームセンターでものぼり旗が販売されていますが、既製品には限界があります。
自社のイメージを他社と区別化するためには、のぼり旗にもこだわる必要があります。

既製品よりもオーダーメイドのほうが、自社のイメージにぴったりの商品づくりが可能です。
京都のれんは専門店だけあり、使用シーンに合わせたデザインを提案してくれるでしょう。

のぼり旗はどれも同じと考えるかもしれませんが、色遣いやデザイン、
使用する写真などにより宣伝効果は大きく変わってきます。

のぼりに写真をプリントする

自社の商品やサービスをお客様に正確に伝えるためには、オーダーメイドに勝るものはありません。

京都のれんの評判を見ると、シーンに合わせたサイズを選んでくれる、風の影響を受けにくいタイプの製作が可能、
変形した形状にも対応できる、などのコメントが聞かれています。

さらに高品質でありながら低価格を実現でき、納期が早いという強みもあります。
大量製作しているからこそ、高品質と安さの両立ができるのです。

お客様から預かりしたデータは、ローカルディスクに永久保存しているのも特徴です。
京都のれんはお客様目線でのサービスを展開しており、リピーター様が少なくありません。

理想の商品づくりを実現できる

のぼりを製作するなら専門メーカーを利用するのが一番です。数多くの生地を用意しており、状況に合わせて選択できます。

ちょっと変わった変形のぼりも用意するなど、専門メーカーだから実現できることが豊富です。
染色方法はお客様自身で選択できますが、プロの視点からの提案も可能です。

デザインサンプルを用意しているので、理想のイメージに限りなく近づけられます。
ちょっとした色遣いの違いにより、イメージは大きく変わってくるのです。

 

のぼりにプリントする色

大切なのは一瞬見ただけで商品やサービスをイメージしてもらえることです。
専門店の商品の強みは使用場所に適したデザインでの製作ができ、費用対効果に優れていることにあります。

風呂敷・のれんなどの製作もしている店ならば、さまざまな技法を使いこなせます。

例えば運転中のドライバーの方に認識してもらうためには、通常よりもシンプルでわかりやすいデザインが必要になるでしょう。
商品とデザインのイメージが合わなければ、十分な集客効果は期待できません。

専門店の商品は生地が丈夫で、目立ちやすいという特徴があります。
高級店で使用するのであれば、高級感を演出したいでしょう。

のぼりは店の顔になるアイテムですから、思い切りこだわる必要があるのです。

のぼり旗の購入前に複数の店の通販を比較する

安く頼んでも、品質が悪くて長持ちせず数日で壊れたら
意味がありませんから、注文先を決める前にのぼり旗の
通販サイトを比較する必要がありますが、どのような点に
注意して複数店舗を見ていけばよいのでしょうか。

1枚あたりの価格が数百円で済むことも多いですが、
格安で買えるのは既製品であることが多く、ほかの店舗と
被らず差別化を図るのであれば既製品の種類も豊富にある
ところから選ぶことが欠かせず、1万種類程度取り扱って
いるようだといろんな目的別にものぼり旗を選んで購入
できて便利です。

デザインや色と書体などをオーダーすることができて
安いのであれば独自の色を前面に出したものが作れますし、
お店の一押しポイントを十分に宣伝することができる内容に
仕上げることができますから、複数の店を比較する場合は
オーダーで注文した時の料金も比較しましょう。

通販で注文する

年末年始やゴールデンウイーク、夏休み前などは繁忙期に
あたりますが、この時期を狙ってセールを行う場合も多いので、
いつもよりも安く注文できる可能性がありますから
セール品をチェックすることも欠かさないことがポイントです。

イベントまでに時間がなくすぐに宣伝用ののぼり旗が必要で
あれば、注文から完成して届くまでが短期間なところを探す
ことになり、通販では最短1日と表示されているところもあって
思わず頼みたくなってしまいますが、品質に不安を覚えるでしょう。

サンプル品を送ってもらうか1枚だけ注文して品質に問題が
ないか確かめてからまとめて注文を行うようにした方が安心です。

 

最短納期でのぼり旗を購入するデメリット

のぼり旗を最短納期で購入するメリットとして、必要な時に
すぐ手配できる利便性があります。

宣伝ツールとしてコスト抑えて作る場合には、比較的
耐久性の低いものが利用されます。

短期でデザインを変えることで集客力を持続させるのが
目的ですが、強い風などにより傷むことがあります。

そのような時にすぐ新しいのぼり旗を入手できるので、
集客機会を逃すことがなくなります。

お得に購入

このような機会損失を防ぐ工夫ができるのがメリットと
なるわけです。

逆に言えば、その耐久性の低さがデメリットとなります。
劣化が早いのでしっかりと管理していなければ、使い古された
感じを与えてマイナスイメージを与えてしまいます。

また、最短納期での納品を行なっている業者ではスピーディな
製作が求められるために、インクジェットや昇華転写などで
対応しています。

これは生地の表面にインキを乗せる形になるので、
劣化しやすいというわけです。

太陽光の紫外線を受けても色落ちすることもデメリットになります。

色あせたのぼり旗はやはりマイナスイメージを与えてしまいます。
お店の運営状況が悪いと判断されるために、飲食店なら
美味しさをイメージできなくなります。

このような商品などに対する悪い印象を与えることになるのが
デメリットというわけです。

また、このような製作でプリントする場合には大量に注文すると
割高となりますし、また納品の時間もかかるようになることも
デメリットと言えます。

そのような点を考慮した上でのぼり旗を注文することが必要です。