メッセージ性を高める両面別柄のぼり旗

メッセージ性が高まる両面別柄のぼり旗は、そのユニークな特性によって、情報やデザインを一つの旗で効果的に表現できる優れたツールと言えます。この旗を使うことで、製品の詳細や魅力的な特典を一方の面に、企業の理念や感動的な招待メッセージをもう片方の面に掲載することが可能となります。この多面的なアプローチは、通行人の目を引くと同時に、長く記憶に残る強烈な印象を与える効果があります。

のぼり旗の利用により、ブランドの認知度を高め、視覚的に強烈な印象を与えつつ、消費者の特定の行動を促す手段として非常に効果的です。実際に、この種のぼり旗は視覚的に魅力的で情報が豊富なため、イベントや店舗などさまざまな場所で幅広く活用されています。さらに、風向きに関係なく両面からメッセージを伝えられるため、どんな環境でもその効果を発揮し、一度の投資で最大の宣伝効果を得ることができるのです。

つまり、両面別柄のぼり旗は、ビジネスにおいて非常に有用なツールとして利用でき、その多彩な使い方によって、企業やブランドのメッセージを効果的に伝える手段として活用されています。その魅力は、異なる情報やデザインを一つの旗で表現できることにあり、その効果は視覚的なインパクトと記憶に残る印象に現れます。

狭いスペースでも効果的!物産展での使い方

物産展や狭いスペースで使う事ができるのぼり旗は、効果的なプロモーションツールとして重宝されます。スペースが限られていても、情報発信を効果的に行い、来場者の注目を集める役割を果たします。その効果的な活用方法について、詳しくご紹介いたします。

地域の特産品や商品が集結し、競争が激しい状況です。そのため、自分のブースや商品を際立たせることが成功の鍵となります。のぼり旗は、限られたスペースでも目を引くデザインやメッセージを伝えるのに適しています。

特産品が目立つのぼり

このデザインは、地域や商品に合わせてカスタマイズでき、特産品や地域らしい要素を取り入れることで、来場者に地域性やユニークさをアピールできます。さらに、高さや形状もブースのスペースに合わせて調整可能です。また、両面印刷のタイプもあり、片面に商品情報や特典を掲載し、もう片面には地域の魅力や歴史を伝えるメッセージを載せることができます。風に揺れるのぼり旗は視覚的なインパクトを高め、遠くからでもブースを目立たせます。

物産展でのプロモーション活動は、ブランドや商品の知名度向上に貢献します。地域の特産品や魅力を伝える手段として、ぜひ検討いただきたいと思います。多くの来場者に魅力を伝え、成功に一役買うことでしょう。

マラソンイベントでののぼり旗活用法

戦の多かった戦国時代に活躍したと言われているのぼり旗ですが、元々は戦の時に相手が敵か味方かを見分けるために用いられていた旗で、デザインは主にその家の家紋が入っている物だったようです。

有名な武将だと今でもそのデザインを見ればわかるようなものが沢山ありますが、基本的にわかりやすいように旗そのものに色を加え染めてみたり、文字を筆で入れたりする事で、よりその軍の独自の旗として持ち前の強さを示していたようです。

現代の世の中ではどちらかというと広告のような使い方をしていて、本日は特売日ですという時には真っ赤なのぼり旗に白い文字で、特売日と記している旗をよく目にします。

赤色のぼり旗

このように特別な日がわかるような目印としても活用の仕方であったり、新たな商品が入荷したというお知らせを多くの人にわかってもらう為だったりするのが、今の時代ののぼり旗を活用することに関しての主流ですが、この方法だけでなくもっと違った方法で使用してみるのも良いかもしれません。

例えばこれからマラソン大会で走るランナーを元気付けるという目的で、街頭に立って
こののぼり旗を手で振りながら応援してみるのも良いのではないでしょうか。

のぼり旗の作り方について

いざ、のぼり側を作ろうと考えてもどのようにしたら良いのかわからない人もいると思いますが、今は色んな事が便利になっている時代なのでパソコンと専用のソフトであるPhotoshopさえあれば業者などに頼まなくても自分で制作する事が可能です。

業者に頼むとなると金額もデザインによってかなり高くなる時もありますが、自分で作るとなるとコスト面でもかなりお得になります。よくデザインを相手に伝える時に細かい色の指示が出来てなくて、微妙な色の配色になってしまう事などのトラブルが発生したということを耳にしますが、その点は全て自分で出来るので安心して出来ます。

ただし色を決めるときの配色バランスを行う時にカラーモデルが違うと方法も変わってくるので、そのポイントだけは注意しないといけません。

このようにしてデザインが出来てカラーモデルも上手くいったら専用の布にプリントします。このプリントする布はのぼり旗専用のポリエステルの布で、きちんとセットしてプリントすればようやく完成となります。

マラソンの応援のぼり旗

この世界でたった一つしかない貴重なのぼり旗で、マラソンの応援することは距離を保つことに役立つことには間違いありません。

印刷ではなく染め上げるのぼり旗

歩行者や車のドライバーが注目するほどの影響力があるのぼり旗を
作成するには主に3つのポイントがあります。

ドライバーから見えるのぼり旗

まず、のぼり旗に印刷する文字はできるだけ短くし、要点をまとめる
ということです。
次に、商品を購入する購買層に合致するフォントを選択します。
そして、のぼり旗が統一感を醸し出すようにするという点です。

のぼり旗は、印刷できる面積が広いからといって多くの情報を印刷
してしまうと、整理されていない印象を与えてしまうため、本来伝え
たいことが理解されにくくなってしまう恐れがあります。

こうした点から、まずは必ず印象したい言葉を決めることが大切です。

さらに、女性向けや子供にターゲットを絞ったものを販売促進したい
のであれば、丸みの帯びたフォントを適用すると良いでしょう。
加えて、複数ののぼり旗を並べた際に統一感が出るデザインにする
ことで、より一層効果的です。

また、職人が丁寧に染め上げる方法もあり、手作業ならではの染めの
風合いを出すこともできます。

のぼりの用途にもいくつかありますが、定期的に変わるメニューをのせる
場合はインクジェットやシルクスクリーンで量産する方が良いですが、
小さな店舗で長く使う予定なら、手染めの方が通行人の目を引くでしょう。

このように、染色一つでも大きく印象は変わる物なのです。

インパクトと分かり易さがのぼりのデザインの極意

のぼりのデザインの極意はインパクトと分かり易さです。

インパクトのあるのぼり旗

ついついアピールしたい気持ちが先走っていろいろ
と盛り込んでしまいがちですが、のぼりは風になびい
たりと動きがある分、細かすぎる文字や写真は見づらく
なってしまいます。ですから、いかに一目でみて分かり
やすい内容にするか。それが大変に重要です。

「大安売り」とただ一言だけ大きく書かれたのぼり旗。
商店街などで、よく見かけるんのぼり旗です。
これぞまさにのぼり旗。インパクトと伝えたいこと!
それを簡潔に表現したのぼり旗だといえます。

店舗の紹介や商品の案内ののぼりを作りたい場合には、特に情報を絞り込んで、
ひと目で見てわかるようにすることが必要です。

また、色についても、お店の雰囲気とのバランスを見ながら、風景に馴染み過ぎ
ない色使いをすることがポイントです。お店のイメージや雰囲気を損なわない
デザインや色遣いをすることで従来ののぼりのイメージを覆すことができるでしょう。

また文字数やいれる文字も大切です。
例えば、単純に会社名をいれるののか、会社名でも「株式会社」をいれるのか、
抜くのか、それとも販売したいものの名前をいれるのでしょうか?

のぼりに入れる文字に制限はありませんが、何よりも大切なのは
「いちばん伝えたいことは何なのか?」ということです。
目立たせることと、店や商品のイメージにあった書式を選ぶ。

単純ですが、色んな角度で考えることが大切です。
結局何をお客様に伝えたいのか、それが大事です。

オーダーメイドなら専門店を

ホームセンターでものぼり旗が販売されていますが、既製品には限界があります。
自社のイメージを他社と区別化するためには、のぼり旗にもこだわる必要があります。

既製品よりもオーダーメイドのほうが、自社のイメージにぴったりの商品づくりが可能です。
京都のれんは専門店だけあり、使用シーンに合わせたデザインを提案してくれるでしょう。

のぼり旗はどれも同じと考えるかもしれませんが、色遣いやデザイン、
使用する写真などにより宣伝効果は大きく変わってきます。

のぼりに写真をプリントする

自社の商品やサービスをお客様に正確に伝えるためには、オーダーメイドに勝るものはありません。

京都のれんの評判を見ると、シーンに合わせたサイズを選んでくれる、風の影響を受けにくいタイプの製作が可能、
変形した形状にも対応できる、などのコメントが聞かれています。

さらに高品質でありながら低価格を実現でき、納期が早いという強みもあります。
大量製作しているからこそ、高品質と安さの両立ができるのです。

お客様から預かりしたデータは、ローカルディスクに永久保存しているのも特徴です。
京都のれんはお客様目線でのサービスを展開しており、リピーター様が少なくありません。

理想の商品づくりを実現できる

のぼりを製作するなら専門メーカーを利用するのが一番です。数多くの生地を用意しており、状況に合わせて選択できます。

ちょっと変わった変形のぼりも用意するなど、専門メーカーだから実現できることが豊富です。
染色方法はお客様自身で選択できますが、プロの視点からの提案も可能です。

デザインサンプルを用意しているので、理想のイメージに限りなく近づけられます。
ちょっとした色遣いの違いにより、イメージは大きく変わってくるのです。

 

のぼりにプリントする色

大切なのは一瞬見ただけで商品やサービスをイメージしてもらえることです。
専門店の商品の強みは使用場所に適したデザインでの製作ができ、費用対効果に優れていることにあります。

風呂敷・のれんなどの製作もしている店ならば、さまざまな技法を使いこなせます。

例えば運転中のドライバーの方に認識してもらうためには、通常よりもシンプルでわかりやすいデザインが必要になるでしょう。
商品とデザインのイメージが合わなければ、十分な集客効果は期待できません。

専門店の商品は生地が丈夫で、目立ちやすいという特徴があります。
高級店で使用するのであれば、高級感を演出したいでしょう。

のぼりは店の顔になるアイテムですから、思い切りこだわる必要があるのです。

のぼり旗を設置してイベントのPR活動を前々から実施

ホワイトデーとは、バレンタインデーに贈り物をもらった男性がそのお返しにプレゼントを贈る日です。

今ではかなり国内でも浸透して来たイベントですが、バレンタインデーに比べてプレゼントを買うユーザーは若干少ないとも言われています。

ホワイトデーもまた商店街やお菓子の専門店にとっては大事なビジネスチャンスであり、男性陣に対して啓発活動を実施したいところです。

色々なアピール方法がありますが、商店街やお店の前を行き来する不特定多数の男性陣に伝えるなら、のぼり旗が役立ちます。

のぼりを並べる

のぼり旗は、低コストで制作できるマーケティングツールです。維持費がほとんどかからず、設置は素早く行えます。

複数ののぼり旗を外注しても費用対効果は良く、期間限定のイベントの宣伝にも手軽に活用可能です。

のぼり旗は商店街のアーケードの人通りが多い場所、自店舗の出入り口付近に設置すると多くの男性ユーザーの目に触れます。

片付けや移動が楽なのものぼり旗のメリットであり、状況に合わせて細かく置き方や置き場所を変更できます。

イベント自体は3月の中旬ですが、購買意欲を刺激するためには一か月位前から啓発活動をしておきたいところです。

2月の下旬頃にはのぼり旗の制作依頼を出し、設置を着々と進めておきましょう。

 

売り上げアップに繋げる工夫をのぼり旗に

ホワイトデーに何かお返しのプレゼントを買いたいけれど、初めての事なので一体何かが良いか分からない、こういった素朴な男性ユーザーの疑問を解消する事が売り上げアップに結び付きます。

のぼり旗には、女性が実際にもらって嬉しいと感じる贈り物の例や画像をプリントアウトしてみましょう。

すると偶然商店街や自店舗の前を通りかかった男性ユーザーが注目し、お店へと足を運んでくれる可能性大です。

購買意欲を刺激する美味しそうなケーキやチョコレートの写真をのぼり旗に印刷したり、女性ユーザーが喜ぶファッションアイテムのイラスト等をプリントアウトする事で、良い宣伝効果が期待できます。

イラストの活用

写真やイラストは目立つ場所にレイアウトし、インパクトを高めるため大きく印刷するのが重要です。

解像度が高い素材を用意する事も大切で、高解像度のチョコレートやケーキの写真を準備しておけば、拡大印刷しても粗さが出ずにリアルなお菓子の品質や美味しさを不特定多数の男性ユーザーに届けられるでしょう。

ラッピングサービスを無料で実施していたり、イベントに合わせて粗品を配布していたり、期間限定でセールを実施しているなら、その旨も目立つ場所に印刷すれば高いアピール効果が望めます。

 

再生素材ののぼりはエコをアピールできます

のぼりは1枚の布で出来ている旗ではありますが、旗の生地には様々な素材や材質のものがあることをご存じでしょうか。

旗の生地

のぼりは色やデザインだけでなく、生地の種類の把握および用途に合う選択もとても大切な要素といえます。

その理由の中には、風が強い場所でのぼりを設置する際には耐久性も求められますので、風が吹かない屋内で使うものよりも生地自体の耐久性を考えて選ぶ必要があります。

この生地の種類は大きく分けるとポリエステル素材と木綿素材の2種類、ポリエステルにはテトロンやトロピカルと呼ぶものがあり、テトロンポンジは上品質であるのに対しトロピカルは高品質など材質そのものに違いがあります。

ポリエステルは価格も安いメリットや印刷はフルカラー対応で大量生産ができるなどの特徴がありますが、木綿素材は特定の場所で活用できるタイプ、値段は高めではあるけれど耐久性が高いのでサイズを大きくしたいときなど便利です。

化学繊維に分類が行われるポリエステルは廃棄する際には環境への配慮が欠かせませんが、最近は再生素材ののぼりも登場しています。
再生素材はエコポンジと呼ぶ生地で、主にペットボトルをリサイクルしたリサイクルポリエステル繊維を織り込んだもの、再生素材を使うことでエコへのアピールも可能になって来ます。

アピールが可能

のぼり旗には賞見期限あるため処理方法の検討が大切

エコポンジは再生素材でできているのぼり旗、ただ価格が高めなどの理由からそれほど普及している種類ではありません。

価格で選ぶ場合はポリエステル素材のテトロンポンジやトロピカルなどの種類がオススメですが、長期間使い続けるケースは少なく、ある程度の期間は宣伝もしくは訴求で使えてもニーズに応じて新しいものに変えるなどが必要になって来ますし、新しいものに変えて行けば新しい宣伝ができるなどのメリットも出て来ます。

これはのぼり旗そのものには賞見期限が存在しているので、期限が切れて廃棄するときの方法についても考えておく必要が出て来ます。

せっかくエコをアピールするわけですから、使い終えたものもリサイクルができればさらなるエコアピールに繋げることができるのではないでしょうか。

テトロンポンジは最も多く使われ続けている生地で、ポンジと呼ばれることも少なくありません。

このテトロンポンジはポリエステル繊維が織り込まれているもので原料は石油で、プラごみとして処分ができる生地でもあるのです。

ちなみに、スーパーのレジ袋やペットボトルの包装紙などはいずれもプラごみで処分することで、リサイクル材料といった形で再生が可能な素材です。

オリジナルのぼり旗を作るポイント

のぼり旗通販でオリジナルのぼり旗を作る際には、
覚えておくと役立つポイントが3つあります。

のぼり製作のポイント

1つ目は、安心の低価格で他の店舗にはないくらいの
種類豊富な品揃えで、他には無いようなオリジナルのぼり旗が
作れることです。

すべての工程にいて中間コストを大幅に削減することで、
低価格でお客様に提供することを実現しています。

毎月新しいデザインを専属のデザイナーにお願いしていて、
随時新しいデザインが追加され、季節ごとに合わせた
商品の特集を組んだりと、他の店舗にはない充実した品揃えで
オリジナルのぼり旗を作ることが可能です。

2つ目は、日本に数十台しか存在していない最新の機器が導入され
工場間の行き来を減少することに成功していて、自社で生産しているからこそ
大幅な作業工程の大時間短縮がされています。

特にオリジナルの作成ならば、通常便で土日を除き4営業日以内、
特急便ならば2営業日で出荷して貰うことができるので
急ぎの方も安心して頼むことができます。

また当日の午前中までならば既成のものや注水台ポールは
当日の出荷対応もしてくれますので、あらゆる場合に
柔軟に対応してくれます。

最後に支払い方法も様々対応していて、銀行振り込み、代金引換、
クレジットカード決済、NP後払い、締め支払い、など
5種類の支払い方法に対応しているので、利用する方が
1番支払しやすい方法で払えるように、幅広い方に
対応出来るように支払方法にまで配慮されていています。

それ以外にも、初めての方でも簡単に注文出来るように
「らくらく注文」にも対応しているので、気軽に頼むことができます。

楽に注文できる

のぼり旗の印刷が激安の理由とは

のぼり旗は本来、手作業で布を染め上げる工法で
仕上げていくものです。

そのためにかなりの手間をかけることで費用も
それに応じて必要となるものです。
けれども今ではそれを、激安で行うサービスが増えています。

その理由は、大判プリンターを活用することで簡単に
のぼり旗を作成することができるようになったからです。
その作業工程は、まずネットからデザインに必要なデータを
入稿することから始まります。

それをもとにしてレイアウト加工を行い、プリンターにセットして
転写用の紙に印刷します。

それを使用する布と合わせて熱処理を加えることによって、
紙に印刷されたインキを布に転写することができるわけです。
このように印刷技術を利用して簡略化された作業工程と
染めのような熟練の職人を不要とすることで、
激安料金で提供できるわけです。

数ヶ月サイクルでのぼり旗のデザイン交換を行う需要に
上手くマッチしたサービス内容となるために、多くの需要を
生み出すことにつながっています。

蛍光のぼり旗を写真入りで作ることはできる?

のぼり旗は最強の宣伝ツール!

商品をたくさん売りたい、お客さんをたくさん呼びたいと思った時に
必要となるのが、宣伝です。

宣伝にはさまざまな方法がありますが、敷地に余裕があるのならば、
のぼり旗を採用してみることをおすすめします。

ポスターやチラシを配るなどの方法もありますが、どうしても手間がかかります。

その点のぼり旗ならば無人でもできますし、外から見たときにひらひらと
目につくので、顧客へのアピールを目指すにはピッタリのツールです。

既製品のものもたくさんありますが、せっかくならばオリジナルの蛍光の
目立つものを用意してみてはどうでしょうか。

蛍光色

のぼり旗はどこのお店でも利用しているので、ありきたりなものだと
かぶってしまったり、顧客の印象に残らず、宣伝効果が薄れてしまったりします。

せっかくお客様の目に触れるのですから、顧客の心に最大限アピールできる
ようなものを作成すれば、売り上げアップにもつながります。

明るい色はぱっと目を引くことができ、元気で明るいイメージを与え、
お店のイメージアップも計れますし、入って中を見てみたいと思わせる
ことができます。

初めての人は入るのをためらってしまうことがほとんどなので、その解消にも
一役買ってくれるはずです。

もっと個性を出すにはどうする?

個性の溢れるのぼり旗を製作したいと思ったとき、そのデザインに写真を
入れてみてください。

写真入りのデザインはまさしくオリジナルで、見る人に強烈な印象を与えてくれます。

個性的な店長の写真を使ってもよいですし、お店の一押しメニュ―を一面に
入れても面白いものです。

費用はかかりますが、蛍光ののぼり旗に写真を入れる事も可能です。
のぼり旗は、その素材や使用する塗料、色の数、デザインなどによって金額が異なります。

写真を使う

こだわるとそれなりに費用は掛かってしまうのですが、他の店と一線を画したい、
差別化したいと思うならば決して痛い出費ではないでしょう。

無難に既製品にしてしまうよりも、集客効果やその他のところで元が取れることに
気が付きます。

なにより、一度作れば長い間使用することができますから、コストパフォーマンスも
高いです。

長期間使用することを考えても、できればオリジナリティー溢れた、顧客の目に
訴えることのできるものを作りたいものです。

光色に写真入りののぼり旗、何気なく外を歩く人にも十分に訴えかけることができ、
迷っている人には選択肢の一つとして後押ししてくれるその宣伝効果は抜群であると
いえるでしょう。

届いたのぼり旗を早速使用してみましょう

お店の存在をアピールしたり、売りを知らせることで他店との差別化を
はかったりすることは重要です。

しかし、道行く人不特定多数に知らせるにはチラシを配ったりするには
人手がかかってしまいます。

簡単で人手でもかからない、しかもコストも抑えめな方法として注目を
浴びているのが、意外にも昔からあるのぼり旗なのです。

のぼり旗は確かに目新しい方法ではなく拍子抜けしてしまうかもしれませんが、
それが定着しているということはそれだけメリットがあるから使う方が後を
絶たないという証拠でもあります。

コストを抑える

また、顧客側としても認知度が高いですので老若男女問わず旗が経っていれば
営業している、何か特別なことがあるという認識が染み込んでいます。

つまり、旗があればそれだけで自然と目に留まってしまい注目してしまうのです。

しかも、注文も簡単で自分流にアレンジも効くので無駄のないアピールが
できる点も魅力です。

文字の大きさや字体、色や配置、イラストを入れるなど変えることもできるので
他とは違う旗も簡単にお手頃価格で作ることができます。

また、なんといっても嬉しいのが取り付けが簡単でできたその日から
使用できることです。

注文してから納品までも短期間ですので、一念発起してすぐに使用できるので
チャンスを逃すことも少なくて済みます。

使用するには旗をポールに通して、スタンドとなる土台に水などを入れて
ポールをセットするだけです。

使っているうちにもっと目立つ場所がわかれば移動も簡単ですので、
臨機応変にアピールを変えることもできます。

宣伝

のぼり旗のバージョンを複数注文しておけば時期などによって変えることも
できるので旬なお店のアピールができます。

迅速に出来上がって、しかもそれをその日から使えてしまうのは
のぼり旗ならではのフットワークの軽さだからできることです。

しかも、誰でもできる難しくない設置方法なので効率的な宣伝、手軽、
臨機応変に対応できるとメリットも多いのです。

一般的なのぼりの通常サイズとは? 

一般的なのぼり旗の通常サイズですが、600ミリ×1800ミリが
よく見られる通常サイズです。

のぼり

設置場所が狭い時、例えば、通路が狭い室内などに設置する場合は、
450ミリ×1800ミリのものが用いられます。

中には、900㍉×4000㍉のジャンボサイズのポールなども
市販されています。

このサイズの他にも横はそのままの長さで、縦の方向が
少し短いサイズもあります。

つまり、このサイズでなければならないと言った決まりはありません。

ですが、のぼり旗を掲げるポールのサイズを考えると、
450㍉×1800㍉、または、600㍉×1800㍉のサイズが
最もよく見かけるサイズといえるでしょう。

旗

通常サイズでも、商店街によっては、のぼりの大きさに
規制がある場合もありますので、よく確認してから
オーダーしましょう。