オーダーメイドなら専門店を

ホームセンターでものぼり旗が販売されていますが、既製品には限界があります。
自社のイメージを他社と区別化するためには、のぼり旗にもこだわる必要があります。

既製品よりもオーダーメイドのほうが、自社のイメージにぴったりの商品づくりが可能です。
京都のれんは専門店だけあり、使用シーンに合わせたデザインを提案してくれるでしょう。

のぼり旗はどれも同じと考えるかもしれませんが、色遣いやデザイン、
使用する写真などにより宣伝効果は大きく変わってきます。

のぼりに写真をプリントする

自社の商品やサービスをお客様に正確に伝えるためには、オーダーメイドに勝るものはありません。

京都のれんの評判を見ると、シーンに合わせたサイズを選んでくれる、風の影響を受けにくいタイプの製作が可能、
変形した形状にも対応できる、などのコメントが聞かれています。

さらに高品質でありながら低価格を実現でき、納期が早いという強みもあります。
大量製作しているからこそ、高品質と安さの両立ができるのです。

お客様から預かりしたデータは、ローカルディスクに永久保存しているのも特徴です。
京都のれんはお客様目線でのサービスを展開しており、リピーター様が少なくありません。

理想の商品づくりを実現できる

のぼりを製作するなら専門メーカーを利用するのが一番です。数多くの生地を用意しており、状況に合わせて選択できます。

ちょっと変わった変形のぼりも用意するなど、専門メーカーだから実現できることが豊富です。
染色方法はお客様自身で選択できますが、プロの視点からの提案も可能です。

デザインサンプルを用意しているので、理想のイメージに限りなく近づけられます。
ちょっとした色遣いの違いにより、イメージは大きく変わってくるのです。

 

のぼりにプリントする色

大切なのは一瞬見ただけで商品やサービスをイメージしてもらえることです。
専門店の商品の強みは使用場所に適したデザインでの製作ができ、費用対効果に優れていることにあります。

風呂敷・のれんなどの製作もしている店ならば、さまざまな技法を使いこなせます。

例えば運転中のドライバーの方に認識してもらうためには、通常よりもシンプルでわかりやすいデザインが必要になるでしょう。
商品とデザインのイメージが合わなければ、十分な集客効果は期待できません。

専門店の商品は生地が丈夫で、目立ちやすいという特徴があります。
高級店で使用するのであれば、高級感を演出したいでしょう。

のぼりは店の顔になるアイテムですから、思い切りこだわる必要があるのです。

通販で人気があるのぼり旗の規格は?

のぼり旗を用いる場合、目的とする用途は何かやそれを掲げる場所が
どこになるかによって、大きさや使用する生地などを検討する必要があります。

一般的には野外での使用が多くなりますが、選択する大きさの決め手は
幅となります。幅はそれがあり過ぎると見づらい場合もあったり、
小さいとそれほどはためかないことでインパクトがない場合もあり得ます。

基本的にのぼり旗の形状は幅が狭くて縦長の形状が適しており、
その形状だと場所が邪魔にもならないので優れています。

特に通り沿いなどに掲げる上では幅が広いと邪魔になる可能性もあるため、
幅も狭く細長の長方形の形が一番最適となります。

通販

通販などでも扱うことが多い一般的な規格としては、
幅600mm×縦1,800mm、幅600mm×縦1,500mm、
幅450mm×縦1,800mm、幅450mm×縦1,500mmの
四つのサイズが主流で、その他にも幾つか大きさを
調整できることもあります。

もちろん通販でも人気のあるサイズはこの一般的な規格に基づいて
製作されたものです。

街頭などでもよく見られるのぼり旗のサイズは、そのいずれかに
なることが多いです。

お店

実際にそのサイズののぼり旗の規格が選択される理由としては、
大量印刷にも適していることと一般的であるためコストを抑制できる
メリットがあるからです。

通販の価格表でもその四つをメインに料金表を作成していることも多く、
それだけよく購入され人気のあるサイズといえます。

通販サイトによっては幅600mm×縦1,800mmをレギュラー、
幅600mm×縦1,500mmをショート、
幅450mm×縦1,800mmをスリム、
幅450mm×縦1,500mmをスリムショートといって
区別する所もあります。