再生素材ののぼりはエコをアピールできます

のぼりは1枚の布で出来ている旗ではありますが、旗の生地には様々な素材や材質のものがあることをご存じでしょうか。

旗の生地

のぼりは色やデザインだけでなく、生地の種類の把握および用途に合う選択もとても大切な要素といえます。

その理由の中には、風が強い場所でのぼりを設置する際には耐久性も求められますので、風が吹かない屋内で使うものよりも生地自体の耐久性を考えて選ぶ必要があります。

この生地の種類は大きく分けるとポリエステル素材と木綿素材の2種類、ポリエステルにはテトロンやトロピカルと呼ぶものがあり、テトロンポンジは上品質であるのに対しトロピカルは高品質など材質そのものに違いがあります。

ポリエステルは価格も安いメリットや印刷はフルカラー対応で大量生産ができるなどの特徴がありますが、木綿素材は特定の場所で活用できるタイプ、値段は高めではあるけれど耐久性が高いのでサイズを大きくしたいときなど便利です。

化学繊維に分類が行われるポリエステルは廃棄する際には環境への配慮が欠かせませんが、最近は再生素材ののぼりも登場しています。
再生素材はエコポンジと呼ぶ生地で、主にペットボトルをリサイクルしたリサイクルポリエステル繊維を織り込んだもの、再生素材を使うことでエコへのアピールも可能になって来ます。

アピールが可能

のぼり旗には賞見期限あるため処理方法の検討が大切

エコポンジは再生素材でできているのぼり旗、ただ価格が高めなどの理由からそれほど普及している種類ではありません。

価格で選ぶ場合はポリエステル素材のテトロンポンジやトロピカルなどの種類がオススメですが、長期間使い続けるケースは少なく、ある程度の期間は宣伝もしくは訴求で使えてもニーズに応じて新しいものに変えるなどが必要になって来ますし、新しいものに変えて行けば新しい宣伝ができるなどのメリットも出て来ます。

これはのぼり旗そのものには賞見期限が存在しているので、期限が切れて廃棄するときの方法についても考えておく必要が出て来ます。

せっかくエコをアピールするわけですから、使い終えたものもリサイクルができればさらなるエコアピールに繋げることができるのではないでしょうか。

テトロンポンジは最も多く使われ続けている生地で、ポンジと呼ばれることも少なくありません。

このテトロンポンジはポリエステル繊維が織り込まれているもので原料は石油で、プラごみとして処分ができる生地でもあるのです。

ちなみに、スーパーのレジ袋やペットボトルの包装紙などはいずれもプラごみで処分することで、リサイクル材料といった形で再生が可能な素材です。

一般的なのぼりの通常サイズとは? 

一般的なのぼり旗の通常サイズですが、600ミリ×1800ミリが
よく見られる通常サイズです。

のぼり

設置場所が狭い時、例えば、通路が狭い室内などに設置する場合は、
450ミリ×1800ミリのものが用いられます。

中には、900㍉×4000㍉のジャンボサイズのポールなども
市販されています。

このサイズの他にも横はそのままの長さで、縦の方向が
少し短いサイズもあります。

つまり、このサイズでなければならないと言った決まりはありません。

ですが、のぼり旗を掲げるポールのサイズを考えると、
450㍉×1800㍉、または、600㍉×1800㍉のサイズが
最もよく見かけるサイズといえるでしょう。

旗

通常サイズでも、商店街によっては、のぼりの大きさに
規制がある場合もありますので、よく確認してから
オーダーしましょう。

風の強い日は、駐車場ののぼりには注意が必要

設置

風の強い日の、お店ののぼりには要注意です。
のぼりは風に大変弱く、すぐに折れてしまいます。

よくある話ですが、風の強い日に、駐車場に車を停めていたら、
のぼりが折れて車に傷がついたという事件です。

お店側は、「駐車場で事故が起こっても責任を問いません」と
いった看板が掲げられていることがありますが、それでも
責任を追及されることになります。

のぼり旗をきちんと固定していたのか?

また、どのような方法で固定を行っていたのか、固定されているか
どうかなどの確認を適切にしていたのか、など、いろいろと
質問されると、答えにつまってしまうことでしょう。

のぼりが倒れることで、お客様も、お店側も、損害を
被ることになりますので、風の強い日は、駐車場や、
道路側にのぼりは出して置かないように注意しましょう。

事故